ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーは導入するべきかどうか。
私の勤めている会社では、従業員用にウォーターサーバーが設置されています。3年間使用していた中で、メリット・デメリットをご紹介したいと思います。
◼️メリット
・冷水、温水が瞬時に使い分けできる。
夏場に冷たい水が飲みたい時、一瞬で常温から冷水に切り替えることが出来ます。
またカップ麺やスープなどでお湯が必要になる時も瞬時に切り替え出来るのでとても便利です。ケトルで沸かすとどうしても数分かかる所が一瞬なので、時間効率がとても良いです。
・会社の福利厚生として
従業員アンケートで、ウォーターサーバーがある事に対して好意的な意見が沢山出てきます。コンビニでペットボトルを購入したら一本100円、20日間の出勤で2000円もかかる訳ですから、特に主婦の方には喜ばれています。
・最近は補充が容易
以前は水のボトルを業者の方が届けてくれていましたが、最近ではウォーターサーバーそのものに浄化機能が付与され、自分たちで水道水を補給するだけでOKになっています。
◼️デメリット
・衛生面が気になると言えば気になる
感染症が流行している現在では、不特定多数の人が交互に使用するという側面から、あまり衛生的とは言えないかもしれません。(ご自宅の場合は別ですが)
近くにアルコールを設置するなどの工夫が必要です。
・混み合う(笑)
お昼休憩の時に、カップ麺を食べたい人が沢山いると中々自分の番が回ってきません。さっと食事を終わらせたい人には不向きかもしれません。
以上ウォーターサーバーのメリット・デメリットでした。
ハミングウォーターの口コミや評判はこちら