仕事できる人と仕事できない人の違いは簡単【結論仕事の選び方に違いあり】

・あの人は仕事できるのに私はまったくできない!
・仕事できる人はどうしてできるの?私だけおかしい?

このように仕事できる人を見て仕事できないと嘆く人は多くいます。

でも、仕事できない人なんていません。
なぜなら、みな同じ人間であり、能力に大きな差はないからです。

それでも、仕事できる人と仕事できない人がいますよね。
この違いは何なのでしょうか?答えをいうと、仕事選びで差が生じています。

例えば、スポーツに置き換えて考えると簡単です。
短距離走が得意な人が、長距離走に挑んでも長距離走者に敵うはずありません。
逆もしかりで、それぞれ得意分野というのはあって、得意なことを伸ばせば仕事はできるようになります。

つまり、仕事できない人ほど仕事選びをミスっている可能性が非常に高いといえます。

そして、仕事できる人は自分自身の強みや得意を十分理解しています。
得意な分野の仕事を選んで、仕事をしているので、仕事できるように見えるだけの話なんです。

ですので、仕事できない人は仕事選びを改めましょう。
強みや得意が分からない場合は自己分析を一から行ってみましょう。

さすれば、あなたも仕事できる人の仲間入りを果たせます。

参考:仕事できない人ほど非効率な生き方を選びがちな話【勝てる場所を選ぶのが正解】